1. ホーム
  2. お知らせ

合々香さんフランス留学便り第8便(2012/11/09)

宮西先生へ

 ご無沙汰しております。

お元気でいらっしゃいますか?

こちらは、最低気温が5度を下回る日が多く、冬に近づいて来ました。

 今年度からは、最終学年で、Junior Balletの一員なので、

毎日忙しくしています。

今月の21日から4日間、学校公演があり、

それに向けて週に6日間、朝の9時から夜の8時まで、

レッスンやリハーサルに励んでいます。

学校公演の後は、国内やヨーロッパを訪れて、

1年の間に15回ほど公演をする予定です。

11月の公演のプログラムは、Kylianの「Lieder」、Benjamin Millepiedの「Plainspoken」、

そして元オペラ座エトワールのMarie-Claude Pietragallaさんが、

私たちの為に創作してくださった作品の、3つを踊ります。

それぞれのリハーサルの為に、

振り付け家のお弟子さんや、コーチングの先生方が来てくださり、

深くじっくり教えてくださります。

ネオクラシックやコンテンポラリーもあり、

クラシックとは違うので大変な時もありますが、

反対に、コンテンポラリーで頂いたアドヴァイスが、

クラシックにも活かせたりと、とても勉強になっています。

色んな種類のダンスや振りが経験できて、毎日楽しいです。

 日本も段々と寒くなってきていると思います。

先生も、どうぞお体にお気をつけてお過ごし下さい。

またご連絡させていただきます。

 吉田合々香


合々香さんフランス留学便り第7便(2012/07/09)

宮西先生へ

 

ご無沙汰しております。

お元気でいらっしゃいますか?

私は先週から夏休みに入り、明日日本へ出発します。

 先生にいくつか、ご報告があります。

まず、4月の終わりにフランスのBiarritzという所で催された、コンクールに参加しました。

色んな国から参加者が集まり、サマーコースのスカラシップの特典のあるコンクールです。

アダージョと、ライモンダのVaと、パキータのエトワールのVaを踊り、

金賞とカンヌ・ロゼラ・ハイタワーの、サマースカラシップを頂きました。

残念ながら、日程が合わなかった為、カンヌでのサマーは受けられませんでしたが、

とても広い舞台で踊ることが出来たり、期間中に審査員の方のマスタークラスが受講できたりと、とても良い経験になりました。

 それから、6月に学年末の試験が終わりました。

舞踊史は最終試験が来年なので、結果は出ませんでしたが、

音楽は筆記と口頭のテストがあり、無事合格しました。

ダンスの方は、課題曲のガムザッティのVa、選択曲のオーロラ姫1幕のVa、自分で創作したコンテンポラリー作品1曲を踊りました。

点数などは発表されないのですが、私の学年は全員4年生への昇級が決まりました。

そして、先生方から勧められ、私は来年5年生のジュニア・バレエに入ることになりました。

ジュニア・バレエは、公演をメインとする、最終学年です。

去年は、フランス国内やヨーロッパ内の舞台で踊ったそうです。

今までより、さらに沢山の先生がレッスンを見てくださるので、楽しみです。

それから、来年の1月からClairemarie Ostaさんが、校長としていらっしゃるそうです。

 こちらは雨が多く、7月なのに肌寒く感じる日が多いです。

日本で、先生にお会いできるのを、楽しみにしております。

どうぞ、お体にお気を付けてお過ごしください。

また、ご連絡させて頂きます。

 吉田合々香

 

P.S.コンクールの時と、学年末試験の時(クラスメイトと、創作の先生です。)の写真を送らせていただきます。

文化庁の新進芸術家制度が正式に決定しました。助けていただき、本当ににありがとうございました。来年はこの機会を活かして、バレエ以外にも沢山の芸術に触れて、色んなものを吸収したいです。

ご主人のお加減はいかがでしょうか?お見舞い申し上げます。


合々香さんフランス留学便り第6便(2012/04/09)

定期公演お疲れ様でした。
見に行けなくて、本当に残念です。
きっと、素晴らしい舞台だった事と思います。

こちらは、一時暖かくなりましたが、今は雨が続き、
少し肌寒い日が続いています。
日本は桜の季節ですね。
お元気でいらっしゃいますか?

私は3月の下旬に、こちらでコンクールに参加しました。
とてもびっくりした事に、菅井円加ちゃんも参加されていました。
他にも同じお教室の生徒さんが、何人か参加されていました。
私は予選でライモンダを、決選でもう1度ライモンダと、
パキータのエトワールのVaを踊りました。
円加ちゃんはグランプリを、私は金賞を頂きました。
久しぶりのコンクールで、周りから良い刺激を受け、
課題も沢山見つかったので、向上心を持って、
これから成長出来るように頑張ります。

また、先週は2日間の学校公演がありました。
私は初日にラ・シルフィードのVaを、2日目には牧神の午後を踊りました。
シルフィードでは、生き生きとしながらも、羽根で飛んでいる様な軽さを
イメージして踊りました。
本番後に、先生方から音楽性を褒めて頂きました。
牧神の午後は、本番1週間前に役の変更がありましたが、無事終わりました。

今週末には、Portes Ouvertesという、2日間の公開レッスンがあります。
私の学年は、クラシック、レパートリー、パ・ド・ドゥ、ジャズのクラスを公開します。
他にも、牧神の午後と学年で創作した作品を、舞台上で発表します。
工藤大弐先生も見に来てくださると、おっしゃってました。
毎年、沢山の人が見に来るみたいなので、楽しみです。


季節の変わり目、どうぞお体を大切にお過ごしください。
またメールさせて頂きます。

吉田合々香


2012年本公演のお知らせ(2012/04/01)

4月7日(土)公演 中京大学文化市民会館オーロラホール

4月6日(金)ゲネプロ

メイン作品「ラ・バヤデール」全三幕

ジュニア作品「青い鳥」一幕4場 他 を予定しています。


合々香さんフランス留学便り第5便(2012/03/09)

宮西先生へ

お忙しい日々をお過ごしの事と思いますが、
お元気でいらっしゃいますか?
こちらでは、身も凍るほどの寒さの日は減り、
少しずつですが、春に向けて気温が上がって来ました。

学校では、4月の学校公演に向けて準備が進んでいます。
先日は、ライモンダの結婚式でのVaとローラン・プティのエスメラルダのVaを習いました。
今は4月に向けて、今までに習ったVaの中から、1人1つVaを練習しています。
私はライモンダの夢の場のVaを踊ることになりました。
大好きな踊りなので、音を感じて気持ちを込めて踊りたいと思います。
4月の初めには、「牧神の午後」と「ラ・シルフィード」の
ハイライトの様なものをやるそうです。
シルフィードの方は学年から代表を選んで、4年生がパ・ド・ドゥの場面を、
3年生がVaを踊るのですが、私がVaを踊らせて頂く事になりました。
以前に習った事のあるVaですが、これからしっかり練習していきたいと思います。

日本も少しずつ、過ごしやすい気温になって来たのでしょうか。
先生も、どうぞお体ご自愛ください。
またメールさせて頂きます。

吉田合々香

 


見学・入会のお申し込み随時受付中 初心者から上級者までお気軽にお問い合わせください。日進スタジオ:052-801-2308 前後スタジオ0562-97-4320
  • メールフォームはこちら
  • 詳しくはこちらをご覧ください
  • コンクール情報
  • 教師紹介
  • 公演フォトギャラリー
PAGE TOP